お電話でのお問い合わせは093-482-2722です。

ブログはこちら

2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トップ > 古陶 > 日本の古陶(唐津等) > 古唐津 浅めの山盃 呼継無し

古唐津 浅めの山盃 呼継無し

桃山〜江戸初期の古唐津の山盃です。
口縁の約3分の1に古い直しが有りますが、呼継はありません。素地は灰褐色の無地。黒点のような小さな石粒が混入し、複雑な景色を作り出しています。
見込みは、多少釉薬が溜まり、うっすらと青みを帯びています。お酒を注ぐと魅力が増します。裏の土部分は、いかにも唐津らしい土味。目の詰まった年輪のような糸切り高台が迫力満点です。また、裏側も、青みがかった釉薬が垂れ、見飽きない風情を作っています。
盃の形はやや浅め。歪みの少ない円形です。そのせいか、山盃でありながらも品を感じさせる作ゆきとなっています。
口縁の直しの下からヒキが伸びています。しかし、目を凝らさないと見えないほどの薄いヒキで、勿論水漏れもありません。
なお、盃の後ろに写っている徳利は、別にアップしております。
 

 
【サイズ】   口 径 約8.7僉
高台径 約3.8
高 さ 約3.0
 
【商品の状態】 縁に古い直し有り。
直しの下から約2.5僂稜いヒキがあります。
 
商品コード : 667
製造元 : 4100
価格 : 68,000円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ
     
 

 
 
 

古唐津 浅めの山盃 呼継無し

桃山〜江戸初期の古唐津の山盃です。
口縁の約3分の1に古い直しが有りますが、呼継はありません。素地は灰褐色の無地。黒点のような小さな石粒が混入し、複雑な景色を作り出しています。
見込みは、多少釉薬が溜まり、うっすらと青みを帯びています。お酒を注ぐと魅力が増します。裏の土部分は、いかにも唐津らしい土味。目の詰まった年輪のような糸切り高台が迫力満点です。また、裏側も、青みがかった釉薬が垂れ、見飽きない風情を作っています。
盃の形はやや浅め。歪みの少ない円形です。そのせいか、山盃でありながらも品を感じさせる作ゆきとなっています。
口縁の直しの下からヒキが伸びています。しかし、目を凝らさないと見えないほどの薄いヒキで、勿論水漏れもありません。
なお、盃の後ろに写っている徳利は、別にアップしております。
 

 
【サイズ】   口 径 約8.7僉
高台径 約3.8
高 さ 約3.0
 
【商品の状態】 縁に古い直し有り。
直しの下から約2.5僂稜いヒキがあります。
 

ページトップへ